製品紹介 LED ソーラシミュレータ

WSLED-100SC(研究開発向け)

主に太陽電池セルの研究開発用途を目的として高照度の24種類のLEDを光源に採用し、開発いたしました。発生する光は、太陽光に近似した光を実現しています。

装置の特徴

  • IEC60904-9 ClassAAA
  • 優れた波長再現性
    365-1070nmの短波長から長波長までの光を自由にコントロールし出力可能

  • 優れた経済性
    キセノンランプに比べ、設置面積がコンパクト、消費電力が1/3、光源の長寿命化、機器購入、メンテナンス費用を低減可能

  • フィルターレス
    個々のLEDの光量を調節することが出来るため、減光するためのフィルターが不要

  • 規格以外のスペクトラムもPCで自由に設定が可能

  • コンパクトで場所を取らずに実験、I-V測定が可能

  • 簡易なスペクトル調整
    各波長に対応した、スライドバーを直接操作する事でスペクトル及び光量を調整可能

  • プリセット機能最大5つまで設定した波長を登録・呼び出し可能

仕様

  • スペクトラム範囲:365nm~1070nm
  • 放射照度:装置表面から40mmで1000W/㎡(散乱光)
  • JIS、IEC規格準拠 CLASS AAA
  • 光源部寿命:点灯時間=3000時間
  • 光源部保証期間:6ヶ月
  • 制御装置保証期間:1年

WSLED-160 / WSLED-500(量産ライン向け)

高照度のLEDを光源に採用し、太陽電池セル量産ラインにおける検査工程での使用を目的に開発いたしました。PVセル検査装置、分類機器メーカーの仕様に沿ってスペクトル、サイズ等を調整し、OEM供給いたします。

仕様

  • スペクトラム範囲:400nm~970nm
  • 放射照度:装置表面から70mmで1000W/㎡(散乱光)
  • JIS、IEC規格準拠 CLASS AAA
  • 光源部寿命:点灯時間=3000時間
    使用条件(100ms点灯3秒休止で使用した場合)
  • 光源部補償期間:6ヶ月
  • 制御装置補償期間:1年

有効照射面サイズ(mm×mm)

装置型式

100×100

WSLED-100SC

160×230

WSLED-160

500×500

WSLED-500

※上記表に無い有効照射面サイズも対応可能です。お問い合わせください。

※弊社では、商品名として「ソーラシミュレータ」を使用しております。
※名称の意味合いは、次の物と同じ意味となります。
 ・ソーラーシミュレーター・ソーラーシュミレーター・ソーラーシミュレータ・ソーラーシュミレータ
 ・ソーラシミュレーター・ソーラシュミレーター・ソーラシュミレータ

ページTOP

​ ​